イメージ写真

鄭(ヂョン)研究室では、「安全」と「機能」をキーワードとして、日常生活を含む人の様々な活動を支援するロボットテクノロジーの研究開発を行っています。